cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

熊猫

ヘルメット、グローブ、靴、ジャケット、、、
朝ライドで使うものは、いつも縁側に干してある。すぐに出発できるように。
だから朝の出発前は先ず庭に出る。
と、今日もあいつがいた!!猫!!
どこかでくわえて来たネズミを持って・・・

月に一度くらいはそんな事がある。
首のちょん切れたネズミが靴拭きマットの上に転がっている・・・
朝の出発前、時間が無い時に、そいつをシャベルですくって穴を掘って埋めなければならない。
時間が無いのももちろんだけど、とにかく気持ちが悪い・・・
本格的に猫の進入防止策を試みることにしよう!
幸い周りは全部家に囲まれているので、進入可能な部分は限られている。
明日にでもやるか。。。

今日の朝ライドは独りIMF。最近、トレハンなんかでも一人で山に入る事が増えた。
獣に遭うのが恐いので、熊鈴を二つに増やす事にした。
101126SBCA0001.jpg
つい先日も京都で熊に頭を咬まれたと言うニュースを見た。
一人でない時が安全だとは限らないのだけれど、やっぱり一人は不安。
しかもこの時期、朝の時間は暗い。
101126SBCA0002.jpg
スポンサーサイト
comments(11)|trackback(0)|未分類|2010-11-26_12:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
mineやん、今日もすまんなぁ~。
酒の飲みすぎは次の日が起きられないので要注意ですわ~。
明日は朝からお出かけなので、十三石山~IMFに続くトレイルを走ってきますわ~。
No title
前転王子様
十三~IMFも出し渋らずに連れてってくださいねv-218
No title
ロードにしましょう。熊の危険は山中に比べて少ないでしょうから。
No title
熊穴に入らずんば熊児を得ず。
しかし京都で噛まれた人がいるのですか?恐いですね。目潰しにGentosを持ち歩くことにします。
No title
頭を噛まれるんですか。恐ろしい。丈夫なヘルメット、できればDH用のフルフェイスが必要ですね。
No title
たきやんさん
そういえば最近めっきりMTBご無沙汰じゃないですか!熊を恐れてなのですか?熊は怖くとも、それ以上に楽しいトレイルライドが待っていますよ!

tasanoさん
今朝は大して暗くも無い区間でもGentosをハイビームで点灯して走っていました。自転車をガシャガシャさせてると音に警戒して逃げて行ってくれるといいのですが・・・
No title
flare君
DHヘルメットは色んな意味で安全そうですね。でも、以前、DHヘルメットをかぶってヒルクライムしたら息苦しくて頭がクラクラしました。熊に咬まれる前に倒れる可能性がありますね・・・
No title
いつでも行きまっせー!
何時にしよ?
No title
前転王子様
ミキティさえ終わればいつだってOKです!!またご相談させて下さいv-218
No title
うちの方はネズミの出現に逃げてしまう猫の方が多いようです。
商店街なのでネズミ被害が多く、あれやこれや駆逐するのに策を巡らしております。
今年はかなり多く、うちだけでも捕獲数が10匹を上回り。。。参りました。

熊鈴はMTBで山サイは必須ですね。
熊鈴の装着場所はかなり悩むのですが、最近はサドルの後端に装着している事が多いです。
私はMTBだけでなくロードにも装着していますよ。
サイクリングロードでは、クマ除けではなくウォーカー除けになっているようで、後ろから接近すると必ずニコヤカに道を譲ってくれます。
自転車のベルのやかましさとは、違う心地良さがあるのかも?って思っております。
No title
komezouさん
家も商店街近いです!!それでか!!ネズミ・・・ねこが 手に負えないとは相当ですね!
熊鈴は確かに歩行者の方に気づいてもらえると言う利点もありますね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
149位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。