cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

もうすぐクリス●●●

NTSGreen_2009.jpg
栗金にこだわる人がいる。
つい最近までは他人事だった。
ヘッドパーツなんて何でもいい。
ほぼ値段だけで選んでいた。
安過ぎず、高過ぎない物を。
けれども、こだわって使っている人のを見て、
ちょっと真似してみたら、見事に取り付かれてしまった。
自分の場合、ハンドリングがどうとか、剛性がどうとかよりも、
とりあえず見た目。栗金じゃないとなんか落ち着かなくなってしまった。
栗金にはサブリミナル効果のような、
危険な罠が仕掛けられているのかも知れない。
そんな栗金の新しいヘッドパーツ『Inset』と言うのを最近見つけた。
IMG_9608_fixed.jpg
セミインテグラルという名称が一般的か?
一般のヘッドチューブに、まるでインテグラルのように
ヘッドパーツが取付けられるというもの。

利点としては、以下のような感じ↓
①コラムを短くカット出来、
 ヘッドセット自体も一般の物よりも軽いので、ダブルで軽量化できる。
②ベアリングが全てヘッドチューブ内に収まる為、剛性UPが図れる。
③見た目がすっきり(栗金の場合主張出来ないので逆効果か?)
④スタックハイトがほぼゼロに出来る為、
ヘッドチューブと、ハンドルの高さを下げる事が出来る。

自分が特に魅力的に思ったのが④番。
普通の栗金のスタックハイトが11mm。
『Inset』は恐らく1mm位なので、上下で20mmも下げれる。
29erの場合、どうしても26インチに比べるとハンドル位置が高くなってしまう。
ヘッドチューブを短くしたりして設計されているようだが、限界がある。
特に自分のように身長が169cmしかないと、シートが上げれないので、
若干アップライトなポジションになる。
下りでは利点もあるが、急な上りでは不利になる。

29erに限らずとも、80mmトラベルの
サスフォークを前提として設計されているフレームに、
100mmトラベルのサスフォークを入れたい場合なんかにも重宝しそうだ。
単純に20mm肩の高さが上がってしまって、ジオメトリが崩れる。
それをスタックハイトで相殺出来る。
自分のフレームも80mm設計。
なんか小技効かせてるみたいでカッコイイからやってみたい。
緑も発見↓
chris_king_in_set_head_parts.jpg
でも2万円。。。
スポンサーサイト

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(2)|trackback(0)|Technical|2009-12-17_22:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

GO!
勇気をだして!
ぶらいあんさん

勇気を出す前にお金が出まへん。。。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2768位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
194位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。