cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

COUPE DU JAPON(XCO)富士見パノラママ大会

2016-05-29
COUPE DU JAPON(CJ)
富士見パノラママ大会に参加してきました。


[KIKUZOphoto]

CJには今シーズンより参加しだして三戦目。
菖蒲谷、朽木、そして今回の富士見。
あれ?朽木の事書いてないな?
都合の悪い事は書かない。。。訳ではないが、
朽木では4番手を走るもパンクDNFとなり、
悔しさのあまり触れたくなかったのです。

そんな朽木の雪辱の為に、
一時は王滝100㎞から一週間後である事に躊躇っていたのですが、
思い切ってエントリーする事にしたのです。


[photo:Chihiro Shibata]

あわよくばシーズンランキングに頼らず、優勝して特別昇格してやるぞ!!
なんて本当は企んでいたのですが・・・
結果は惜しくも三位でした・・・

[リザルト]
リザルト20160529富士見XCO


[photo:Chihiro Shibata](おい笑えよ自分↑)

4,320m/高低差86mのコースをチャレンジクラスは2周回。
約30分位だろうと思われた為、
最初から全力で行く事にする。

同じチーム「京都MTB朝ライド」からは柴田君が参戦。
スタート直後、案の定柴田君が飛び出す。
それよりも前に一人、和田選手。
そして三番手に自分。


[KIKUZOphoto]

和田選手はいつもリザルトの上位にいらっしゃる常連さん。
下りが非常に上手いと聞いていた前情報の通り、
最初の登坂を一番に登り切りシングルトラックに飛び込むと、
一気に姿が見えなくなった。


[KIKUZOphoto]

一方、自分はと言うと、
前回のパンクのトラウマで非常に慎重な走りになってしまう。
しかも、罠にしか見えない意地悪な丸太と岩で作られたセクションが用意されている。


[KIKUZOphoto]

今回は絶対にパンクせずに完走する!
ゴールせずにDNFとなった前回、
ポイントが0となってしまった事が本当に痛かった・・・
遥々富士見まで来てそれだけは避けたい。


[photo:Chihiro Shibata]

攻める走りを極力抑えながらも慎重に踏む所は確実に踏む!
シングルトラックを下り終えて上りに切り替わった所で、
柴田君と自分は同時にトップの和田選手を捕えた。
登坂に関しては負けていない様だ。
二人そろって抜き去った後は後続の選手が見えない。

これはもしかしてチーム「京都MTB朝ライド」1,2フィニッシュか?
前2回の大会の流れから行くと、
この状況でもう抜かれる心配はないし、逃げ切れる自信があった。
後は慎重にトラブル無く走り切るだけだ!
そう自分に言い聞かせて、前に走る柴田君を逃さない様にトレースする。
あわよくば最後までに前に出てトップを取ってやるとさえ・・・


[photo:Chihiro Shibata]

ところが、そんな妄想は直後絵に描いた餅となってしまったのは、
開けたゲレンデの登坂セクションに差し掛かった時でした。
Team Rise Rideの白いジャージの選手が余裕なペダリングで追い上げて来る!!
うっそぉ~!!

姿が見えてから暫くは必至で逃げるも、
差はどんどん縮まるばかり・・・
情けなくも呆気無く二人そろって抜かれる。
スタートゲートは3番手で通過して2周回目突入。
さっき必死で逃げた事で消耗してしまった様で、
前を走る柴田君からもジワジワと離れる・・・

昇格は2位までなのに、一人抜けば昇格できるのに、
目の前に。。。しかし火事場力的なものは出て来ない悲しさ。。。

結果、そのまま3位でゴール。

柴田君アドバンスへの昇格おめでとう!
朽木の北尾君昇格に続いてチームから2人目。

最終的にトップのTeam Rise Rideの青木選手からは51秒40も、
更に柴田君からは27秒も遅れてのゴールとなりました。

敗因は色々。
もちろん脚力とテクニック不足。
そしてなんだか今乗ってる自転車のホイールサイズが気になりだした。
27.5のJAMIS NEMESISなんですが、
やっぱり29erに乗ってた時の事を思い返すと、
29erの方が色々とアドバンテージがあるんじゃないかなと思えてきた。

特に今回のコースにおいては、罠のように用意されたロックセクション、
横向けに並べられた丸太。高速の下りスラロームセクション等々、、、
29erならもっとスピードに乗れたんじゃないかな?
なんて思っている訳で、
次回の大会からは29erで走ってみる事にします。


[photo:輪工房_菅原氏]

次回の参戦予定は7月の富士見。
今回と同じコースで、どんな違いが出るのかを楽しみにしつつ、
次はもっといい結果を出せるように頑張りたいものです。


[photo:Chihiro Shibata]

いつも応援、写真たくさんありがとうございます。

[BIKE DATA]
Frame:JAMIS NEMESIS 650B PRO
Fork:Fox 32 Float Performance
Components:SHIMANO 8000 XT 32T x 42-11T
Wheels:MAVIC CROSSMAX SLR 27.5
Tires:SCHWALBE RACING RALPH(F/R 18PSI)
weight:10.5kg

[photo:伊藤秀洋]
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|レース|2016-05-30_16:48|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2943位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
207位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。