cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

セルフディスカバリーアドベンチャー王滝100kmレースに5年振りに出てみた。

2011年9月以来、
5年振り11回目の王滝100㎞レースに参戦しました。

結果は5時間50分57秒というタイムで、
自己記録を10分程更新した訳ですが・・・
近年、コースの荒れ具合はマイルドになり、
機材の進歩、選手たちの攻略、
等々で平均的にタイムが短縮されている中においては、
順位は49位(年代別17位)と平凡な結果です。


こちらは↑5時間台ギリギリに滑り込んだ前田さん、
ゴール直後、足が攣ってしまって立ち上がれない状態でした。

今大会で優勝したTopeakErgonの池田祐樹選手も、
ゴール直後に足を攣ったと聞きました。

自分はと言えば全く・・・
基本的に長距離は苦手なので、
後半出し尽くして漕げなくならない様に、体力と相談しながら、
かなり安全側にセーブして走ったとは言え、
やっぱりレースなので、全力で出し切って楽しむのが本筋だと思うのです。
気持ちがそこまで追い込めていなかった部分もあり、反省するところです。

最後に出た王滝のレースでパンクをして苦い思いをした事や、
つい先日のCJ高島ステージの下りでパンクした事、、、
それらが心のどこかでトラウマになっていて、
今回は少し慎重になり過ぎた様に思います。
特に下りに関しては、今までの王滝では容赦なくブッ飛ばしていたところを、
林道に転がる石を一つずつ確認するかの様な慎重さでした。

おかげで、パンクも転倒もメカトラブルも無かった訳ですが、
ゴール後に倒れ込む選手達を見ていると、
自分にはやり切った感が今一つ足りないと感じました。



5年ぶりの大会。
相変らずの人気で、
100Kmのクラスだけで757人の選手がエントリーしているそうです。

スタート位置に757台の自転車が並ぶ光景を見ると、
日本における最大のMTBレースであり、
MTBが好きならばやっぱり出場しなければいけないような気になります。

過去の大会の事を、
断片的に思い出してみました。

今よりもっと熱かった自分を。

ただ、今回は逆に終始とてもリラックスした状態で走れていた事は確かです。
最後まで安定的にペダルを踏めたのは過去の大会では感じた事のない事でした。
安定的に今よりも高出力で踏み続ける精神力を、
皆さんから見倣わないといけないと、
今回もまた課題の残る大会でした。


〔ゴール後に振る舞われる豚汁が身体中に沁み渡ります。〕



〔5年以上振りか?悪い遊びを教えてくれた師匠に再会。〕


〔大会前夜、噴煙を吐く御嶽山〕


〔スタート前の噴煙の止んだ御嶽山〕


〔優勝の池田選手と!!〕
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|レース|2016-05-23_22:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

(@@)
久しぶりにお会いできて嬉しかったですよ♪

それにしても、教祖様のBlogに登場するなんて光栄ですわ(^^)
安価白さん、とんでもございません(`_´)ゞこちらこそ久し振りに再会出来て嬉しかったです!また、レース会場以外でもトレイルライドなんかもご一緒したいですね(^ー^)ノ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2314位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
182位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。