cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

盆ツビワイワイ

私の盆バケーション。
子供達には短過ぎると同情される。

子供達の夏休みに比べたら短いけれど、
世間一般の社会人的には恵まれている方だと有り難く思います。

さて休み。
家族的にも自由な時間。何するか?

兎に角京都の夏は暑い。暑い。
暑い中のままだと日常と現実から抜け出し切れないそんな気がしたので避暑を企てる。
避暑と言っても涼を求めるだけでは、
空腹をジャンクなフードで埋め合わせるだけの行為。

そんな訳で避暑兼トレイルライドを企んで、
各方面打診してみたところ、
Yoshiさんより長野県は八ヶ岳山麓で開催される、
PAULさんによるガイドツーリング
『FREE RIDE ADVENTURE』
のご提案を頂き飛びつく事にしました。


長野県は茅野市。
集合場所で車を降りた途端に感じる長野の空気。

気持ちのいい夏。
カラッとした風。

自分が忘れていた物を一瞬で思い出させてくれました。
隆々とした木の幹が作る木陰は緑が濃くて木陰が涼しくて。

これこれこれ!って思うのです。

午前中に一本、トレイルを頂きました。
標高1,800mまで車で搬送してもらって山道へ入ります。

山の天辺からは絶景に飛び込むような尾根道トレイル。
標高差約800m。
雄大な山に包まれるのを感じながら、
極上のトレイルを一気に下ります。





脳内では海馬が、
トレイルを駆け抜けながら瞬きが切ったシャッターの情報で満腹になる一方、
身体はエネルギーが枯渇状態になり限界空腹状態。

ここでPAULさんのご自宅にお招き頂きランチを頂き午後の部に備えます。




お腹いっぱい。
トレイル満腹中枢もいっぱい。
ほっこり眠気に囁かれながら、
午後の部スタート。
しかし再びトレイルに入ると、
眠気がぶっ飛ぶのは必至。

午前中のビックな山と対象に、
低山の里山的なトレイルを次々に繋ぐコース。
変化に富んで、
テクニカルなスラロームトレイルに、
心拍上がりっぱなしな中、
惜しまれつつも本日の工程終了です。

トレイルもPAULさんのトークもランチもとっても美味しかった~

ご一緒させて頂きありがとうございましたm(_ _)m
また行きたいですね。
やっぱり長野の山はいいな!
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|MTBトレイルライド|2015-08-15_12:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
95位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。