cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

長野 x 京都MTBer交流ライド2014

自転車の楽しさの定義は人によってさまざまだと思います。

けれども共通するのは、
肯定的な感情、強力な情動性、楽しさや苦悩、
そして激しい生理的覚醒を伴う、
「胸が苦しい」とか「ドキドキする」とか
そう言う事だと思います。

ん?恋愛!?

いや、ま、それを共有できる仲間とは、
長い時間合わなくても、出会ったばかりの友達でも、
一瞬の内に恋に落ちるのです。

恋?おい!やっぱ恋愛やんけ!?

と言う事で遠距離恋愛中の長野のMTB仲間達と、
今回は京都で交流ライドを交わしました。

スケジュールは3月8日(土)午後ライドと、
3月9日(日)終日ライドっと言う事で、
TKP社長がいつもの様に企画をしてくれたのですが。。。

なかなか集まれない仲間と共有できる貴重な時間なので、
急遽の思いつきで、
先日入籍されたTKP社長とやまねこさんのおめでとうパーティーを、
勝手に、お2人には内緒で、、、
秘密裏に企画する事としちゃいました。

なので、
3月8日(土) 午後 ライド
3月8日(土) 夜  秘密パーティー
3月9日(日) 終日 ライド
こんな感じのスケジュールとなりました。


【3月8日(土)午後ライド】

正午に到着する長野メンバーを待って、
「黄昏時効果」を狙っての午後からライドです。

「黄昏時効果」それは、黄昏が起きる頃、つまり夕方になると、
人間のバイオリズムが低下して判断力が鈍くなったり、
注意力が散漫になったりする心理的な働きの事です。

仕事ならケアレスミスが増えたり、
早く帰りたくてイライラしたりする時間帯ですが、
トレイルでこの効果を使えば、
他のMTBerとの距離をぐっと縮めることも可能です。

行先は、京都市内から滋賀県は琵琶湖までを一気に見渡せる、
パノラマ絶景ビューのOTWトレイル+D山ダムトレイル。
シチュエーションはばっちりです。

黄昏ロマンチックのおかげで、
猜疑心を解く事に成功。
自転車にかけるブレーキ、つまり理性を緩める効果によって、
驚愕のハイテンションエクスタシーライドを、
早くも一日目にして爆発させてしまう事になりました。

もうみんなメロメロです。


【3月8日(土)夜秘密パーティー】

「暗闇効果」を狙うなら、真っ暗なカフェがオススメ

「暗闇効果」それは、暗闇にいる時の心理的な不安をやわらげるために、
近くにいる人に安心を感じやすくなる効果のことです。
真っ暗なカフェだけでなく真夜中のトレイルや、
夜景の見えるD山山頂ナイトライドでも、
同じように暗闇効果を期待できるでしょう。

口裏を合わせた32人のMTBer達が、
貸し切った暗闇のカフェに潜みます。

ターゲット2人の入店と同時に怒濤のクラッカ―乱射!
サプライズ企画は大成功!!



●そっくりさん8人の登場



●サスペンダー強度検討会




●MTB69 頭なでなで会(シングルCD購入者限定)



●次世代メイクアップ技術講習会



●アダザイルダンスパフォーマンス


等々盛り沢山の内容に、宴は一瞬の内に過ぎ去ってしまいましたが、
お二人の永遠の愛は皆さんに見守られる中、確信の物となったに違いありません。




[photo:カムイさん↓]



【3月9日(日)終日ライド】

前日の宴で、ほぼ全員がアルコールを身体に注ぎ過ぎたにもかかわらず、
抜け切らないアルコールに足を引っ張られながら、
AM5:00起床の終日ライドです。

コースの予定は、
KRT西尾根~KRT東尾根~MTRトレイル~コリン山

京都屈指のテクニカルで恐怖を伴うコースを選んだのには、
「吊り橋理論」を狙っての事。

「吊り橋理論」とは、興奮、スリル、緊張感を共有する事によって、
関係がより深いものになる事が期待できます。


















[photo:やまねこさん↓]




途中女子メンバーは一時休憩で女子会スイーツ。
[photo:やまねこさん↓]


その間、男子メンバーはめげずに一山頑張ってから男子コロッケ会。


珍しく?天候にも恵まれ、もうボルテージは最高潮!!
興奮を抑え切れず大暴れ!!

笑い絶えずゲラゲラと、腹筋大忙し!笑いの涙腺枯渇必至。


けれども、終焉の時間が近付くにつれて、
心の穴から少しずつ空気が漏れ出し始めるのはいつもの事。

最後のコリン山の天辺では、
それはポッカリ大きな孔になって、、、

見慣れた見晴からの景色は涙に歪んでしまって、
京都タワーも御所も何もかもが
一緒に見えてしまった事はココだけの秘密。

あまりにも内容の濃い二日間だったから。。。

大好きで大切な仲間と楽し過ぎる時間を共有できる事に感謝。
毎度ナイス企画をしてくれるTKP社長、垂涎を共有して頂けるみなさん、
今回も有難うございました。

今回の凝縮された2日間を通して、
以前にも増して長野のMTB仲間達との関係が深い物になったのではないかと思います。

[photo:タキヤン技研↓]


また近い内に、何処かの山で一緒に遊んでくださいねm(__)m
スポンサーサイト

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MTBトレイルライド|2014-03-09_23:53|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
78位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。