cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

29+

「人は人吾はわれ也 
  とにかくに吾行く道を吾行なり」

          西田幾多郎


そんな言葉が似合うのは『SURLY KRAMPUS』



またまた空井戸サイクルさんより試乗車お借りしました。

「29+」とジャンル分けされる・・・
と言っても今はまだこの一台だけですがf~。~;
ホイールの外周は29erと同じなのだけれど、
リム幅50mmって言うワイドなサイズに、
さらに極太の29x3"タイヤを履くと言う規格。

pagsleyやMOON RIDERは26x4"や26x5"の超極太タイヤを履いて、
「ファットバイク」と言うジャンルにカテゴライズされていて、
29x3"タイヤを履くKRAMPUSは「29+」
どぉやら目指すところが違うようです。

ファットバイクでは、
「安定性」と「トラクション」と「浮遊性」を得る事が出来、
29+では、それに回転慣性をプラスして、
高速走行が快適になったとカタログには書かれています。

しかし、ファットバイクには乗った事が無いので比べられない・・・(:_;)

てな訳で、自分がいつも乗っている、
ごく一般的な29erハードテイルバイクとの比較(~。~ゞ

タイヤの外周が大きくなる訳だから、
26インチと29erの違いみたいに、
更に回転慣性が強調されて、
見た目の重さを裏切る軽さでよく進む!
てのが跨った瞬間の感想。
空気圧は店長のオススメ通り1.0bar。
舗装路ではふわふわし過ぎない硬さで、
細かい震動は、全くなかった事にしてくれる感じで、
フラットな乗り心地が気持ちいい!
エアサスの車に乗ってるみたいに快適です。

さてさてトレイルに入ってみると・・・
流石に、サス付の自転車みたいに衝撃を往なす事は出来ないけれど、
SSのフルリジットバイクに乗っていた時に
欲しかった優しさがそこにはありました!
これか!!タイヤをここまで太くすればよかったのか!!
一般的なフレームでは装着できませんが・・・
サスでもない、腕の振動吸収でもない、
不思議な感覚を味わいながら、
抜群の安定感と、絶妙なコントロールのし易さで、
いつものコースを少し楽しく下る事が出来ました。

まだしばらくお借りする事が出来るので、
タイヤの空気圧をちょっとイジって試してみたいと思います。

出来れば雪道や砂浜での走破性を試したいのですが・・・
急に暖かくなって、近場の雪は無くなってしまっただろうな・・・
スポンサーサイト

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(2)|trackback(0)|機材|2013-03-08_17:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
先週の山仕事の帰りに店長さんとお会いした子ですね~
ひょっとして、、、mineさんに、、、
予想どうりな展開になってます(^-^)v
No title
なかなかいい子ですね~楽しくて楽しくて、かわいく思えてきましたよ!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
78位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。