cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

難所

難所、男岩をクリアする事によって、
岩男の称号が与えられるのです(^^;;
他府県からもチャレンジに訪れるライダーがいる位、
それはそれは、、、、ってもうええか(^^;;

本日、新たに岩男の称号を手にされたタッキーさんです。
ロードから転向されて間も無いと言うのに、
朝ライドに足繁く出席されて、
メキメキと腕を上げておられるタッキーさん。
多少ぎこちないながらも無事にクリアされました。

ところが、、、
最後の登り返しセクションで激しく滑落( ゚д゚)
見てる方もビビりまして、レスキューに駆け寄る程(^^;;
怪我、無かったですよね?
その後痛みだしたとか?

トレイルライドは、上手くなったと思ったら大失敗してトラウマになったり、
慣れてまた少し上手くなっての繰り返しだと思います。
他にも色々難所はありますぜ(`_´)ゞ
これからも怪我の無いように、
朝ライドを楽しみましょう(^ー^)ノ
スポンサーサイト
comments(4)|trackback(0)|朝ライド|2012-12-20_18:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
ご心配おかけしました。mineさんからの視点からはびっくりだったでしょう。
のぼり返し→止まる→左足を出す→ない→しまった→ぐらり→受け身など考える間もなく落ちる→骨折が無いか自分で診断→大丈夫の流れでした。
瞬間瞬間の情報収集と判断、リスク管理不足ですね。
ヘルメットやアイウェア、いつもの服で保護です。これでも破れないのでこのメーカーのウェアは丈夫です。
この後左手は多少痛みはありましたが仕事に支障はありませんでしたよ。
朝ライドの影響か午前中は集中力がありキレがよかったです。

興味がわいたのでgoogleでない、その手の専門文献サイトで調べてみました。
自転車競技における受傷者の特徴 自転車ロードレースとマウンテンバイクでの比較、外傷の特徴、傾向について
ぱっと読んでみると、
頻度と重症度:ダウンヒル>クロスカントリー、軽症は下腿部が多く、医療機関受診が必要な中等度以上は頭頸部、上肢が多い。
ロードバイク>MTB ダウンヒルはともかくロードバイクはスピードが高いため、外傷エネルギーが大きいため。

できるだけケガをしないように、もしくは小さなケガですむ程度で次第に自分のできる範囲を広げていきたいですね。
流石( ゚д゚)ドクターは着眼点ちゃいますね(`_´)ゞロードで転倒した人を何度か見た事がありますが、擦り傷兼火傷みたいになってましたね(´・Д・)」マウンテンではそんな事にはならないですよね!ま、今日は無事で良かったです(^^;;
気をつけましょうね!
>takkyさん
岩男おめでとうございます。でもその後が・・・でしたね。大怪我でなくてなによりです。
先日、H山でヘルメットが割れるほどの大転倒をされたばかりですので、あまり無理はせず、安全運転で楽しんで下さいね。
(という私も今年は大転倒でお医者さんの世話になりましたが・・・)
No title
>のりさん
ご心配おかけしました。
乗れる時間があれば乗っておこうと背伸びしていると思います。
経験値がたまっていないうちにレベルが高いことをしているので、
意識して安全運転で行きたいと思います。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
64位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。