cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

COUPE DU JAPON(XCO)富士見パノラママ大会

2016-05-29
COUPE DU JAPON(CJ)
富士見パノラママ大会に参加してきました。


[KIKUZOphoto]

CJには今シーズンより参加しだして三戦目。
菖蒲谷、朽木、そして今回の富士見。
あれ?朽木の事書いてないな?
都合の悪い事は書かない。。。訳ではないが、
朽木では4番手を走るもパンクDNFとなり、
悔しさのあまり触れたくなかったのです。

そんな朽木の雪辱の為に、
一時は王滝100㎞から一週間後である事に躊躇っていたのですが、
思い切ってエントリーする事にしたのです。


[photo:Chihiro Shibata]

あわよくばシーズンランキングに頼らず、優勝して特別昇格してやるぞ!!
なんて本当は企んでいたのですが・・・
結果は惜しくも三位でした・・・

[リザルト]
リザルト20160529富士見XCO


[photo:Chihiro Shibata](おい笑えよ自分↑)

4,320m/高低差86mのコースをチャレンジクラスは2周回。
約30分位だろうと思われた為、
最初から全力で行く事にする。

同じチーム「京都MTB朝ライド」からは柴田君が参戦。
スタート直後、案の定柴田君が飛び出す。
それよりも前に一人、和田選手。
そして三番手に自分。


[KIKUZOphoto]

和田選手はいつもリザルトの上位にいらっしゃる常連さん。
下りが非常に上手いと聞いていた前情報の通り、
最初の登坂を一番に登り切りシングルトラックに飛び込むと、
一気に姿が見えなくなった。


[KIKUZOphoto]

一方、自分はと言うと、
前回のパンクのトラウマで非常に慎重な走りになってしまう。
しかも、罠にしか見えない意地悪な丸太と岩で作られたセクションが用意されている。


[KIKUZOphoto]

今回は絶対にパンクせずに完走する!
ゴールせずにDNFとなった前回、
ポイントが0となってしまった事が本当に痛かった・・・
遥々富士見まで来てそれだけは避けたい。


[photo:Chihiro Shibata]

攻める走りを極力抑えながらも慎重に踏む所は確実に踏む!
シングルトラックを下り終えて上りに切り替わった所で、
柴田君と自分は同時にトップの和田選手を捕えた。
登坂に関しては負けていない様だ。
二人そろって抜き去った後は後続の選手が見えない。

これはもしかしてチーム「京都MTB朝ライド」1,2フィニッシュか?
前2回の大会の流れから行くと、
この状況でもう抜かれる心配はないし、逃げ切れる自信があった。
後は慎重にトラブル無く走り切るだけだ!
そう自分に言い聞かせて、前に走る柴田君を逃さない様にトレースする。
あわよくば最後までに前に出てトップを取ってやるとさえ・・・


[photo:Chihiro Shibata]

ところが、そんな妄想は直後絵に描いた餅となってしまったのは、
開けたゲレンデの登坂セクションに差し掛かった時でした。
Team Rise Rideの白いジャージの選手が余裕なペダリングで追い上げて来る!!
うっそぉ~!!

姿が見えてから暫くは必至で逃げるも、
差はどんどん縮まるばかり・・・
情けなくも呆気無く二人そろって抜かれる。
スタートゲートは3番手で通過して2周回目突入。
さっき必死で逃げた事で消耗してしまった様で、
前を走る柴田君からもジワジワと離れる・・・

昇格は2位までなのに、一人抜けば昇格できるのに、
目の前に。。。しかし火事場力的なものは出て来ない悲しさ。。。

結果、そのまま3位でゴール。

柴田君アドバンスへの昇格おめでとう!
朽木の北尾君昇格に続いてチームから2人目。

最終的にトップのTeam Rise Rideの青木選手からは51秒40も、
更に柴田君からは27秒も遅れてのゴールとなりました。

敗因は色々。
もちろん脚力とテクニック不足。
そしてなんだか今乗ってる自転車のホイールサイズが気になりだした。
27.5のJAMIS NEMESISなんですが、
やっぱり29erに乗ってた時の事を思い返すと、
29erの方が色々とアドバンテージがあるんじゃないかなと思えてきた。

特に今回のコースにおいては、罠のように用意されたロックセクション、
横向けに並べられた丸太。高速の下りスラロームセクション等々、、、
29erならもっとスピードに乗れたんじゃないかな?
なんて思っている訳で、
次回の大会からは29erで走ってみる事にします。


[photo:輪工房_菅原氏]

次回の参戦予定は7月の富士見。
今回と同じコースで、どんな違いが出るのかを楽しみにしつつ、
次はもっといい結果を出せるように頑張りたいものです。


[photo:Chihiro Shibata]

いつも応援、写真たくさんありがとうございます。

[BIKE DATA]
Frame:JAMIS NEMESIS 650B PRO
Fork:Fox 32 Float Performance
Components:SHIMANO 8000 XT 32T x 42-11T
Wheels:MAVIC CROSSMAX SLR 27.5
Tires:SCHWALBE RACING RALPH(F/R 18PSI)
weight:10.5kg

[photo:伊藤秀洋]
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|レース|2016-05-30_16:48|page top

セルフディスカバリーアドベンチャー王滝100kmレースに5年振りに出てみた。

2011年9月以来、
5年振り11回目の王滝100㎞レースに参戦しました。

結果は5時間50分57秒というタイムで、
自己記録を10分程更新した訳ですが・・・
近年、コースの荒れ具合はマイルドになり、
機材の進歩、選手たちの攻略、
等々で平均的にタイムが短縮されている中においては、
順位は49位(年代別17位)と平凡な結果です。


こちらは↑5時間台ギリギリに滑り込んだ前田さん、
ゴール直後、足が攣ってしまって立ち上がれない状態でした。

今大会で優勝したTopeakErgonの池田祐樹選手も、
ゴール直後に足を攣ったと聞きました。

自分はと言えば全く・・・
基本的に長距離は苦手なので、
後半出し尽くして漕げなくならない様に、体力と相談しながら、
かなり安全側にセーブして走ったとは言え、
やっぱりレースなので、全力で出し切って楽しむのが本筋だと思うのです。
気持ちがそこまで追い込めていなかった部分もあり、反省するところです。

最後に出た王滝のレースでパンクをして苦い思いをした事や、
つい先日のCJ高島ステージの下りでパンクした事、、、
それらが心のどこかでトラウマになっていて、
今回は少し慎重になり過ぎた様に思います。
特に下りに関しては、今までの王滝では容赦なくブッ飛ばしていたところを、
林道に転がる石を一つずつ確認するかの様な慎重さでした。

おかげで、パンクも転倒もメカトラブルも無かった訳ですが、
ゴール後に倒れ込む選手達を見ていると、
自分にはやり切った感が今一つ足りないと感じました。



5年ぶりの大会。
相変らずの人気で、
100Kmのクラスだけで757人の選手がエントリーしているそうです。

スタート位置に757台の自転車が並ぶ光景を見ると、
日本における最大のMTBレースであり、
MTBが好きならばやっぱり出場しなければいけないような気になります。

過去の大会の事を、
断片的に思い出してみました。

今よりもっと熱かった自分を。

ただ、今回は逆に終始とてもリラックスした状態で走れていた事は確かです。
最後まで安定的にペダルを踏めたのは過去の大会では感じた事のない事でした。
安定的に今よりも高出力で踏み続ける精神力を、
皆さんから見倣わないといけないと、
今回もまた課題の残る大会でした。


〔ゴール後に振る舞われる豚汁が身体中に沁み渡ります。〕



〔5年以上振りか?悪い遊びを教えてくれた師匠に再会。〕


〔大会前夜、噴煙を吐く御嶽山〕


〔スタート前の噴煙の止んだ御嶽山〕


〔優勝の池田選手と!!〕
comments(2)|trackback(0)|レース|2016-05-23_22:42|page top

珍しくロードツーリングの話

京都市内から約80㎞。
兵庫県の丹波市で、
小学生になる息子のサッカーの大会があったのです。

車出しの当番が回って来たので、
早朝より応援の保護者を連れて現地へ向かう事に。

さて、送り届ければ一先ず役目は果たしたという事で、
後は帰りの便に乗客と荷物を積んで定刻に出発させるのみ。

ママさんたちは応援がてらお話にも花が咲く事でしょうが、
オジサン達にはそのスキルが備わっていないので、
いつもサッカーの試合会場では単独行動で応援。

ならば単独行動でペダルでも回してみようか?
なんて思い立ってしまったら後に引けないのが自転車乗りの性。

会場まで来てるのに観戦しないとかありえない!
なんて思われてるかも知れないけどそんなの関係ねぇ。

約6時間の自由時間。
ちょうど車のトランクを開けると、
自転車がコンパクトに輪行袋に詰め込まれていた。
窮屈な袋から出してやると、
深呼吸をするみたいに清々しくタイヤが転がりだす。

向かう先は大会会場から約50㎞離れた兵庫県朝来市にある「竹田城跡」
http://www.city.asago.hyogo.jp/takeda/
雲海に浮かぶ石垣が有名な「天空の城」とか、
「日本のマチュピチュ」とか言われている史跡で、
以前より行きたいと切望していたのだけれど、
京都市内から自転車で行くには自分にはちょっと遠い。

そんなわけで、大会会場の兵庫県丹波市からなら約50㎞、
制限時間の6時間以内に往復するにはちょうどいい距離である。

最短距離をGoogleに教えてもらって辿る。
距離以外にこだわりなく設定した割には快適なコースだ。

国道ながら交通量も少なく、
適度なアップダウンでコースにメリハリがある。

古くからある街並みと田園風景とを交互に眺めながら、
暑くもなく寒くもない絶妙な季節に、
自転車は最適な移動手段だと思う。

予定通り2時間ちょっとで目的地の「竹田城跡」に到着したのだけれど、
Googleが教えてくれた道は最寄駅「竹田」裏にある
「竹田城跡」への登山口に辿り着いてしまった。

えっ?俺登山するの?

看板には「800m/30分登山道」と書いてある。
「本格的な登山装備で。。。云々カンヌン。。。」
と記されているのに怯んで別のアプローチを探る。

観光バスや自家用車のアプローチは、
山の反対側に別に道があるらしいことを発見し、
そちらに回ることにする。
約4㎞を迂回して山の中腹に大型の駐車場を発見。
さらにその先によく整備された舗装路があり、
地図によると「竹田城跡」の入口まで延びている。

ほっと胸を撫で下ろし先を進もうとしたところ、、、
ガードマンに「チャリンコはこっちね~」と言われる。。。

一般車両通行止め!?

そうです。
こう言う所を全く下調べせずに現地へ向かうのが
僕の悪い癖なんです・・・

で、駐車場から徒歩で40分もかかるの!?

「竹田城跡」に向かう前に調べておくべきだった詳細は、
↓こう言う事です↓
H28map.jpg
舗装路をSPDシューズで歩くのは辛いし、
復路の50㎞サイクリングの時間を考えるとどうも制限時間が厳しい。。。

ここまで来て「竹田城跡」に逢えずなのか!?

仕方無く諦めて来た道を引き返しながら、、、
いや、やっぱり諦めきれずに、、、
気付けばもう一度駅裏の登山口に向かってました。

「800m/30分登山道」に賭けよう!!
看板には最短距離って書いてあるし!!

山道ならSPDシューズでも舗装路よりは歩き易いはず!
そしてトレランペースで行けば30分も掛からんだろう!
(トレランとかした事ないけど^^)

そんなわけでもう一回山を下りて駅裏の登山道入口に回って、
自転車を麓に駐輪して、
さてトレランスタート!

極上なシングルトラックを駆け上がります。
MTB持って来たくなる様な道!
なんて思ったのも束の間。

階段があったり、大きな岩がゴロゴロと大きな段差を作る山道。
手を使って上るようなところもある。結構険しい!

間に合うのか俺!?

と思った瞬間あっけなく入口に到着。
あれ?15分も掛かってない^^

こんな様ならあっちこっちアプローチ探ってる間に見学終わってたな^^

そんな自分に呆れながらもやっと念願の「竹田城跡」を目の前にして
緊張しながら入場料の500円を納めてさて「竹田城跡」

「うわ!すげーーー!!!」

って言葉がコレしか出て来ないくらい壮観なんです!
諦めずに登って来てよかった!!

山の天辺に緻密に積み上げられた石垣が、
人工物ながら不思議と自然に溶け込んでいる様にも見える姿は、
何とも神秘的です。


雲海に浮かぶその姿があまりにも美しく有名で、
そればかりが取り上げられがちなように思うのですが、
それ以外の魅力も有り余るものがありますね!

天守閣があったとされる石垣の上から街を見下ろす景色も絶景です。

残念ながらあまり時間に余裕がないので、
立ち止まる事無くぐるりと回って下山したら麓でちょうど正午。

制限時間まで3時間を残し昼食取ってから復路スタート。

が、、、

最短距離往路と同じルートを辿って帰る計画が、
ここでまさかのアクシデント!!!

「遠坂峠」が事故で通行止め・・・オイ・・・

峠の入口で警察官が一応申し訳なさそうに説明してくれた。

行先を告げると「いい峠あるよ」って
自転車乗りみたいなアドバイスを警察がしてくれて、
「鯨峠」なる道で迂回する事に。

名前の通り可愛いイラストのトンネルを潜って、
福知山経由で大会会場へオンタイムで帰還!

ちょうど大会〆の表彰式。
ちょうどかどうかは人それぞれだが。。。
つきましては息子のサッカー大会の写真は1枚のみであります↓

結果は4位だったそうです。
「お疲れ様。
暑い中よく頑張ったね!
次回はちゃんと応援しようかな。」
マイペースで最低な父より。
comments(0)|trackback(0)|家族編|2016-05-16_16:48|page top

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
233位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。