cyc輪g

京都の山で自転車と戯れる。

プロフィール

ライ麦

Author:ライ麦
京都の29er_MTBer

リスト


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

琵琶湖博物館

家族で「琵琶湖博物館」へ行った。
予てからなかなか面白いと言う評判を聞いていたのだけれど、
子供達に「博物館」と言う響きは今一つ魅力に欠ける様で、
行きたがっていたのは実は自分だけ。

ま、でも行ってみればきっと楽しいはず!!
そう言って子供達を車に積んで向かった。

琵琶湖に生息する淡水魚を中心に展示した水族館や、
琵琶湖周辺の生い立ちや昔の暮らしが分かりやすく展示されていて、
色んな事が楽しく学べる工夫がされている。








広くて少し疲れた様子だったけど、
充実の展示内容に、
我が家の子供達も楽しめた様子で一安心。

帰りにRecobaさん家の近所を通ったので襲撃。
なんと偶然、Recobaさん家も昨日「琵琶湖博物館」
へ行かれていたと聞いてびっくり!!

突然お邪魔してすみませんでしたm(__)m
スポンサーサイト

Theme:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
Genre:結婚・家庭生活

comments(0)|trackback(0)|家族編|2013-05-26_21:37|page top

15年前のあの日

創立50周年記念パーティーでは、
当時一緒に旅をした同期に再開する事が出来た。
パーティー終了後、余韻に浸りながら、
軽く自転車に跨る事にした。

行先は京都市北区にある「大森キャンプ場」


屋外でBBQをして、
肉を焼き尽くした後も思い出話は終わらなくて、
当時と同じようにインテリジェントな話で馬鹿笑いが絶えなかった。


地球のあちこちに自転車とテントを持って旅をしたあの頃に、
少し戻れたような気がした。

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MTBトレイルライド|2013-05-26_12:38|page top

50周年記念パーティー

大学の時に所属していたクラブが、
創立50周年を迎えると言う事で、
記念の行事に参加した。


50年の間に卒業していった部員の中から、
208人が集まり、
その中には第一期生、
そして創立者の方も参加されていた。

創立した当時の時代背景の話や、
学生運動の波に呑み込まれ、
紆余曲折があった事、
3年間連続して主将を務められた事、
今も受け継がれている伝統の多くは、
創立後直ぐに立ち上げられていた事等々。。。
興味深い話を沢山聞く事が出来た。

自分が生まれるよりも遥以前に形成されたコミュニティの中を、
自分が通過して、そして今も尚現役の部員たちが受け継いでいてくれている。

当時とは違うジャンルだけど、
自分が自転車に乗り続けていると言う事は、
クラブに所属していた4年間が、
自分の人生にとってすごく影響のあった時期だった事は紛れもない。

思い出をこれからも大切にしていきたいと改めて思った。

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(2)|trackback(0)|未分類|2013-05-25_15:39|page top

お留守番

今週は王滝100㎞レース。
参加しない自分は京都で留守番。
いつもの様に朝ライド。
きっと参加者も少ないだろうと思っていたのだけれど、
ぞくぞく集まって、結局いつもと同じ位の人数。
王滝遠征組の顧問にお見送り頂いて、
珍しいメンバー構成でトレイルHへ→

特に真ん中のウ○コ座りのおっちゃんとは長野遠征以来かしら?


一本杉コースから、最近定番になってる・子山コースを下って、
もう一度登り返してノリトレイル。
Hトレイル周辺も、
嘗てに比べるとコースが多彩になって楽しさ倍増。



通う頻度が増える訳だ。

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|朝ライド|2013-05-25_10:40|page top

ジンクスとは?

週間天気予報を睨みながら、
週末の天気に気を揉むのが日課です。
今週末は先週に続いて崩れるとの予報が出ていたのですが、
近付くにつれて天気予報は晴れへと修正されていきました。

結構、結構!
天気が晴れの方に外れるのは大いに結構です!

土日とも雨の予報が、
結局は日曜日の昼から雨へと変わって、
今日も午前中に思い存分走る事が出来ました。

昨日に引き続き、
来週末に控えた王滝100㎞レースへの最終調整、、、
への付き合いです(~。~ゞ私は出ませんで・・・

集合場所には見慣れない顔。
六甲ライドでお世話になったWataさんサプライズ参加!!


行先は千北コースこってりと、
五右衛門トレイルをオマケに付けて、

更には柴田夫妻がおかわりに、
トモミトレイル行くって言うもんだから、
お邪魔を承知で付いて行く事にしました。




流石にヘロヘロクタクタになって、
最後のトレイルでは何でもない所で大ゴケ・・・
地面に張り出した根っ子にアバラ強打・・・

自分は出走しなくても、
王滝一週間前に怪我をするって言うジンクスには、
変わりは無かったようです。。。

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|朝ライド|2013-05-19_18:12|page top

ピザ

今日は娘と2人で晩御飯。
最近、パン作りにハマってらっしゃる小6娘ですが、
今日は晩御飯の為にピザ作りに初挑戦です。

「一緒に作ろう!」
と言う事だったのですが、
買い物に付き添った後は、
役に立たないと判断されたのか、
生地が出来上がり、
トッピングの段階でやっと声が掛かりました。
完璧にセッティングされてます(^^;;

で、トッピング完了後、オーブンで焼くのも娘。

だって私、、、オーブンの使い方知りませんし。。。

完全に娘に仕切られたピザ作りでしたが、
僕が手を出さなかったおかげで、
とってもおいしい物が出来上がりました。

Theme:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
Genre:結婚・家庭生活

comments(0)|trackback(0)|家族編|2013-05-18_21:11|page top

ちょっと遠くまで足を延ばして・・・

少し足を延ばしていつもの週末よりも大きめの山へ→

かと言っても、
午前中に家に戻れる距離に遊び場があるのは、
京都のトレイルのいいところ。

そして来週末は多くの仲間が王滝100㎞レースに出るので、
最後の追い込みも兼ねてロング山岳ツーリング。

あ、自分は出ませんけど、
練習には付き合うのです。楽しいから。
練習と言っても、楽しい事が絶対条件。
遊びですからね~

ヘロヘロになるまで走ってもそれはそれで楽しい。
それがトレイルライド。

↓Yoshiさんが素敵な動画を撮影して下さったので↓どうぞ↓


スマホではなくて、動画撮影用の専用機。
流石!画像はいいし、音声もいい。

小鳥のさえずりまでちゃんと入ってます。
朝の山の気持ちよさが伝わる映像ですね!

さぁ!みなさんも早起きして山で遊びましょう!!

↓本日の足跡はこんな感じ↓
130518.jpg

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|朝ライド|2013-05-18_17:22|page top

アートです∑(゚Д゚)

comments(0)|trackback(0)|未分類|2013-05-16_09:37|page top

自分も牛乳買いに行きたくなった。

自転車の動きに似てない?

comments(0)|trackback(0)|未分類|2013-05-15_19:51|page top

Wonderful/Beautiful




雨上がり、もやもやの中のトレイル。
昨日とは打って変って朝から晴天。



夏を思わせる強い太陽の日差しは、
もやもやをどんどん取り払って、
思っていたよりもなかなかいいコンディション。
昨日走れなくってウズウズしていた人達が沢山集まりました。

[Photo:BRIAN]

先ずは一本目にAKTトレイルで亀岡に抜けて。

2本目は久し振りにKRT西尾根へ向かうが・・・
アプローチに何故か悪名高い拷問ばりの担ぎ上げを強いられる事に・・・

何とか脱走者が出ない内に登頂を果たし、
KRT西尾根へ→
こちらは聞きしに勝る整備の行き届き具合に驚愕。
まるで常設のコースの様でした。

♪とどまる事を知らない時間の中で
いくつもの移りゆく街並みを眺めていた。。。
Tomorrow never knows(By Mr.子供)

みたいな感じで、
気付けばトレイルの出口ゲートまで来てしまっていました。

有難うございますm(__)m

ここでタイムアップ。。。

先行すればKRT経由で市内に戻れるかもと企んでいたのですが、
厳しそうなので皆さんを見送って帰路へ→
こんなに天気がいい日は、
もっといっぱい山と戯れていたかったのに・・・(:;)

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(5)|trackback(0)|朝ライド|2013-05-12_17:17|page top

地ビール祭京都2013

家族で、近所の商店街で毎年開催される
「地ビール祭京都」行きました。

今年で4回目。
最初は商店街の一角にある小さな公園の中だけが会場だったのが、
回を重ねる毎に来場者が増え、出店が増え、
今年の会場は商店街全体に拡大されていました。
商店街は全長800mに渡ってアーケードがあって、
その全てが会場になります。
各地から集まった地ビール店のブースに混じって、
商店街にあるお店も、
店先に特設の売り場を作ってフード販売をしています。
フード販売が安くて美味いのが嬉しい!!






ついついビールが進みます。
ビールが進むと更に美味しいフード。
そしてまたビールが進む・・・
と言う無限ループに陥る大人達がワンサカ。
もちろん子供もお祭り気分で楽しむ事が出来ます。
家族そろって今晩のご飯は地ビール祭りで完了。
年に一度しかないのが残念ですが、
来年の地ビール祭りを楽しみにしたいと思います。

Theme:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
Genre:結婚・家庭生活

comments(4)|trackback(0)|家族編|2013-05-11_22:11|page top

タイヤはちゃんと・・・

comments(0)|trackback(0)|未分類|2013-05-07_19:10|page top

茨城県でMTB

GW後半は嫁の実家へ帰省です。

「お父さん茨城に友達いるの?」
なんて息子に聞かれました。
「お父さんだっているよ!!」
ムキになって答えたものの・・・
本当は茨城県に友達はいないのです。

茨城県の嫁実家に行くと、
子供たちは近所に友達がいて、
朝から晩まで遊びっぱなしです。
嫁も友達と遊びに出かけてしまいます。

独り残される自分は・・・茨城県に友達はいないけれど、
茨城県で一緒に遊ぶ事の出来る関東に住む友達はいるのです。
だから嫁実家へ行く時は、いつも自転車を持って行くのです。

今回は、いつも茨城県の山で自転車に乗っている埼玉県に住む友達に、
今が旬の楽しいトレイルを案内してもらう事にしました。
自分の土地勘が無い所で
手軽にトレイルライドを楽しむには、
地元のトレイルに精通したライダーに案内してもらうのが一番!!
とっても贅沢ながら、僕が使う常套手段です(^^;;

もしも「都道府県MTBトレイルライド.com」
みたいなサイトあったら便利ですね。
検索したら常に熱くトレイルライドをしてる集団がいて、
一緒に走る仲間が検索できるみたいな・・・

そんなものは無いので、今回ガイドをお願いしたのは、
関東に住んでいた時にお世話になっていたお店で知り合ったtatsuさん。
tatsuさんと一緒に走っていたのは、もう7年も前の事。
そんなブランクを共通の趣味が感じなくさせてくれるのはとても嬉しい事です。

7年前と山を取巻く環境は変わっていて、
楽しく走れる旬のトレイルは、
やっぱり以前と違う場所でした。
幸い、嫁の実家からもそう遠くはなく、
車を1時間走らせたところが待ち合わせ場所。

そこで自転車を下ろすと、
もうすぐにトレイルです。
そして走った事の無いトレイルの入口にワクワクします。

同じ山をあっちこっちから登って、
色んな方向に下る事4時間25分17秒。
標高差352mの山を5回登って5回下って、
走行距離41.0㎞のほとんどを休憩無しでたっぷり走りました。

ダイナミックなスラロームが気持ちいコースがあったり、
ロックセクションの難しいコースがあったり、
飽きる事の無いコースです。

楽しいコースをガイドしてくれてありがとうございました。
味占めたのでまたお願いしようかな。

Theme:自転車
Genre:趣味・実用

comments(0)|trackback(0)|MTBトレイルライド|2013-05-05_18:11|page top

茨城県で観光

嫁の実家、茨城県にある、
「袋田の滝」へ行きました。

実家から車を走らせる事約100㎞。
谷間の道をくねくね。
近付くに連れてじわじわと賑わいの雰囲気。

観光地らしく土産屋が軒を連ね、
遊歩道や駐車場も、綺麗に整備されています。

車を降りると、
少し肌寒くピリッとした空気。
こいのぼりが迎えてくれる谷間の渓流に沿って歩くと、
「この先有料」の看板。

滝のすぐ近くまでは有料のトンネルが掘られて、
数百メートルほどトンネルを潜る事によって、
すぐ目の前で滝壺から見上げるように、
滝を見る事が出来ます。

トンネルの終点まで行くと、
轟きを伴って突如現れる滝。
今の季節は、ちょうど新緑が綺麗でした。
新緑と滝はマイナスイオンたっぷりでとてもお似合いです。

雨の多い季節には近寄れないほどの水飛沫に濡れるそうです。
また、秋には紅葉が綺麗で、
寒い冬には滝が凍って、氷の壁が出来るそうです。
氷の壁をクライミングしてる写真が飾られていました。

トンネルは枝分かれしていて、
数年前に増設された新しい方のトンネルとエレベーターを行けば、
今度は滝を山の上から望みます。
上から下まで、滝の全容を見渡す事が出来ます。

設備投資の豪快さに少し吃驚です。


滝より魚。
息子は軒を連ねる土産屋の食べ物に釣られっぱなしで、
帰りに一匹魚を与える事にしました。

「袋田の滝」を後にして、
もう一つ、茨城県の観光スポット「竜神峡」へ向いました。

竜神川を堰き止めた竜神ダムの上に掛かる
ダム湖からの高さ100m、長さ466mの、
本州一の長さを誇る歩行者専用吊橋があります。

山間部に建造された巨大な吊橋。
目を疑うほどの大きさに驚きました。

橋の上からは山間部の集落や渓谷を見下ろす事が出来ます。

そしてここにも土産屋が軒を連ねていたのですが、
その一角にひっそりとバンジージャンプのブースが!!
橋の上から飛び降りれるの??
そんな度胸は無いので近寄らずに帰ってきました。

Theme:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆
Genre:結婚・家庭生活

comments(2)|trackback(0)|家族編|2013-05-04_18:00|page top

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
2614位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
184位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。